ホーム > 猫の病気

猫の病気

猫

がん・腫瘍

猫の世界でも寿命が延びています。一緒に過ごせる時間が長くなったということは喜ばしいことですが、それと同時にがんを患う機会も増えています。猫の死亡原因のトップはがんです。早期発見に努めましょう。

腎臓・泌尿器・生殖器の病気

猫は腎臓や泌尿器系の病気を患いやすい傾向にあります。なかでも慢性腎不全は腎臓の機能が徐々に衰えてしまう疾病で非常に多く見られます。腎臓は尿を作り、老廃物を排泄したり、水やミネラル、からだの中の酸性、アルカリ性の調節をしたり、さらに血液を作る手伝いや血圧調節、骨の代謝など様々な仕事をしています。腎臓を悪くしないように普段から食餌に気をつけるのと同時に健康診断を受けましょう。

心臓病

心臓は体中の組織に血液を送る重要な臓器です。心臓病になると血液の流れが悪くなり、様々な問題が起こります。猫で多い心臓疾患は心筋症です。中でも肥大型心筋症が多く見られます。かなり進行してから症状を出すことが多いので日常的に健康状態をチェックしてあげてください。また近年フィラリア症による突然死なども注目されています。猫もフィラリア予防を習慣づけましょう。

内分泌・代謝の病気

内分泌器官はホルモンと呼ばれる物質を分泌し、体の中の様々な機構を調節しています。そのホルモンが少なかったり、多すぎたりすることにより微妙な調節ができなくなり、体に異常を来します。猫で一般的な内分泌疾患は糖尿病と甲状腺機能亢進症です。

伝染病

伝染病の多くはワクチン接種で予防できます。しかし犬と比べるとワクチンの種類は少ないのが現状です。しかし対策を行うことで感染を防ぐことは可能です。正しいを持って感染症から猫を守ってあげましょう。

肝臓・すい臓の病気

肝臓と膵臓は様々な酵素を分泌し、食べ物の消化を助けます。さらに肝臓は薬物や毒物の解毒や排泄、また栄養素を貯蓄する役割をしています。現在の猫の食事はおいしいものばかりでついつい食べ過ぎてしまうことがあります。さらに運動不足も手伝って肥満に陥りやすい状態があります。肝臓・膵臓の病気はこうした食生活が原因のこともあります。まずは生活習慣を見直すことも重要です。

脳・神経の病気

代表的な症状としてけいれん・発作があります。この原因として脳腫瘍や感染症による脳炎、脳の先天的な異常、てんかんなどがあります。そのほかにも代謝性疾患や肝臓病、腎臓病などが原因のこともあります。正しい診断がよりよいけいれん・発作のコントロールにつながりますので、けいれん・発作がおきたら落ち着いて発作の状態や時間を観察し、可能なら動画撮影し、動物病院での診察を受けましょう。

呼吸器・肺の病気

猫は明らかな咳をすることはあまりありません。元気がない、食欲不振、呼吸が早い気がするなどで来院し、調べて見ると肺炎や肺腫瘍、胸水が見つかることがあります。突然口を開けてハアハアした場合には重度の呼吸困難や循環器障害の可能性があります。定期的に肺のレントゲンを撮ることをおすすめします。タバコの煙が喘息の原因になることもありますので注意が必要です。

口・胃・腸の病気

口や食道、胃、腸は日々食餌や飲み水を摂取し、毛繕いで抜け落ちた毛を飲み込むことで体の外から来る多くの微生物とふれあいます。もしこのようなところに怪我や病気が存在するとバリア機能は薄れ、体の中に簡単に体にとって有害な微生物が入り込むことになります。さらに噛むこと、飲み込むこと、砕き、混ぜ合わせ、消化し、それを吸収する機能が低下すると命に関わってきます。口の中の異常や嘔吐、下痢などが見られた場合には速やかに動物病院で診察を受けましょう。

目の病気

猫では結膜炎や感染症によるぶどう膜炎が多く見られます。ワクチン接種を忘れずに行いましょう。さらに眼は体の窓と言われています。すなわち全身疾患の一症状が眼に現れていることもあり、それが腫瘍疾患、感染症、免疫疾患などを診断する手がかりになることがあります。高齢の場合には腎臓が悪くなることによる高血圧で視力に影響を与えていることもありますので定期的に健康診断を受けましょう。

耳の病気

外耳炎は細菌、マラセチア、ミミヒゼンダニなどの感染によることが多くあります。さらに治りにくい場合には根底にアレルギーなどが隠れている場合もあります。中耳炎は外耳炎が鼓膜より奥に広がり発症する場合と鼻や喉の炎症が原因になる場合があります。そういった炎症がさらに耳の奥に波及すると内耳炎になります。内耳炎の場合には神経症状が現れます。

皮膚の病気

原因は多岐に渡り、感染、環境、ホルモン異常、栄養、紫外線、薬物、アレルギー、他の病気、ストレス、免疫機能の異常によるバリアの低下などがあります。猫は気になるとその部位を引っ掻いたり、舐め続けたりしさらに病態を悪化させることがおおく見られます。異常を見つけたら速やかに動物病院での診察を受けましょう。
アクセス

住所
〒182-0034
東京都調布市下石原1-7-8
西浜ビル1F
※府中市や三鷹市、狛江市、小金井市、武蔵野市、稲城市などからも、多くの方にご利用頂いております。

ホームページを見たとお伝えください
電話番号
042-444-1231

診療時間
9:00~12:00、16:00~19:30

最寄り駅
西調布駅


大きな地図で見る

お問い合わせ 詳しくはこちら
クレジットカード